ベルソムラ

ベルソムラ

私の昨日の睡眠時間です。
昨日は、21時にベルソムラという睡眠薬を飲んでうまく入眠できました。
しかし、夜中の2時に尿意で目が覚めてしまいました。
それからはしようがないので、2時間物のドラマを見ました。
途中で寝られればいいな、と思いながら。
しかし、ドラマの内容が面白く、結局最後まで見てしまいました。
早朝の4時から何をしたかというと、何もせず寝転んでいました。
気持ちとしては、「眠れたらラッキーだな」「別に寝られなくてもいいや」という無理に寝ようと焦ったりせずゴロゴロしていたら、6時の目覚ましがなるまで、いつの間にか眠っていました。
途中で、エバミールでも追加で飲んでみようかと思ったけれど、できるだけ自然に任せることにしました
そんな中途半端な時間に飲んで、寝過ごすことの方が怖かったのもあります。

これが、長いこと睡眠障害に悩まされ続けた私の今の段階での結論というか、眠り方です。
21時から夜中の2時までで、5時間眠れてますからこれで十分と言えば十分眠れているので、焦りません。
全く眠れない時も焦りません
少しくらい寝てなくても大丈夫だからです。
運が良ければ、21時から朝の6時まで1度も起きることなく眠れることもありますから、差し引きすればとんとんかな、くらいな気持ちで楽に考えるようにしています。

睡眠薬だけに頼らなくても、他の薬で眠れることもあります。
例えば、イライラして腹が立って仕方がないことが日中にあって、夜にもそれを引きずっている場合などは、睡眠薬を飲むよりも、イライラを抑える薬を飲んだほうがすんなり眠れたりします。私の場合は、レキソタンやデパスなどを飲むと心が落ち着いて良いようです。

「寝なきゃいけない」「眠れない、どうしよう」と決め付けたり、焦ったりすると余計眠れなくなったりすることに気付いたので、このように少しくらい眠れなかったりした時には、あまり大げさに考えないようにするようになりました。

薬を使わない話をしますと、枕を2つ用意していて、寝る時に好みの枕の高さに調節してみたり、アロマショップで買ったラベンダーのアイピローを使ってみたりもしています。
今のところ、一番効果があったのは、ラベンダーのアイピローでした。
適度な重さで、肌に当たる布の部分はサラサラで、ラベンダーの濃厚な香りに包まれます。
それだけで気持ちよくて自然と寝てしまうことが多かったように思います。

いずれの方法にしても、自然に朝まで熟睡できることが一番の理想ですけれどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です